マルチンのマルチン的映画考察

気に入った映画を深く掘り下げて考察していきます。

「スネーキーモンキー 蛇拳」 石丸博也・吹き替え版だからこそ上がるテンション

f:id:martinto:20170716171417p:plain

 

  かなり久しぶりに石丸博也さん吹き替え版の「スネーキーモンキー 蛇拳」を見ました。吹き替えのないジャッキー・チェンのDVDは家にあるんですが、どうもピンとこない。”やっぱり自分も歳とったんやね…昔みたいに燃えないわ”と思っていたんだけれども、これは燃える!

 

 ”来週の金曜ロードショージャッキー・チェン”という情報を仕入れ、ビデオデッキになけなしのお小遣いで買ったVHSのテープをセットし、ワクワクしながら標準録画(普段は勿体無いので3倍速)して、贅沢に爪まで折った(普段は繰り返し使用するので絶対折らない)ジャッキー・チェンのビデオは、小学校高学年の私にとって宝物でした。そうやって繰り返し見たテレビ放送のジャッキー映画は、全て石丸博也さんの吹き替え版だったため、私の中で「ジャッキー・チェンの声=石丸博也の声」という構図が自然とできあがっていたんですね。そういえば、初めて本物のジャッキー・チェンの声を聞いた時、”なんか違う…”と、ものすごい違和感を感じたものです。

 

 大人になって、外国映画を吹き替え版で見ることは皆無に等しくなりましたが、ジャッキー・チェンカンフー映画だけは、やっぱり石丸さんの吹き替え版が、私にはしっくりきます。「ボフッ、ホブボフボフッ、シュッシュッ、”ハヤッ!(ここはジャッキーのかけ声)”、ブンブンブン、ボボボボボ、”クッ、ハァ〜ッ!”、ボフボフ………。」という格闘音?戦い音?を聞くと、自然と修行がしたくなるというバカ小学生の血は健在でした。今回も、”あ〜、修行して〜、蛇の動きで棒の上の卵とりて〜”と、思いましたもん。

 

 ジャッキー・チェンに憧れ、両太ももに茶碗を乗せて中腰になり、両手を前に突き出して限界まで耐えるという苦行をしていたあの頃。とりあえず、Tシャツではない白シャツ、黒帯、グレーのダボっとしたズボンと黒のカンフーシューズは欲しかった。そして長い箸でご飯を食べてみたかった。横長の木の椅子も欲しかったし、何よりユアン・シャオ・ティエンみたいなお師匠さんが欲しかったですね。本当に。心から。

 

 お年玉で買った「ジャッキー・チェン大百科」や、映画漫画?(映画の画面を写真に撮って、吹き出しでセリフを書いている漫画形式の本)を、何度読んだことか。当然、家の柱を相手に戦いましたけどね。”シュッ、シュッ”って、自分で効果音出しながら。長い棒も振り回しましたけどね。ひとりで。ひっそりと。

 

 久しぶりに見た「スネーキーモンキー 蛇拳」は、ロシア人の宣教師が実は鷹牙拳の使い手だったという設定にも笑ったけど、何よりも強烈だったのは、本物の猫とコブラのガチンコ勝負!なぜ、広東の道場の納屋にコブラが…。途中で猫はコブラに巻きつかれて、1メートル以上飛び上がっていたけど、あれって猫は大丈夫だったのでしょうか?最後は猫パンチでコブラをぶち殺したことになっていましたが…。一抹の不安は残るものの、迫力満点の映像でした。今なら、動物愛護団体などからクレームが殺到して、あのシーンはカットされるかもしれません。

 

 しかしその猫のおかげで、ジャッキーは「必殺猫爪崩し」という新拳法を編み出し、鷹牙拳のラスボスを倒します。毎度のことですが、ラスボスは、見た目のクセもカンフーも強くて、印象に残るキャラでした。彼の名は”シャンクワン・イーユン”、鷹牙拳の達人だっ!ボボボボボ、ボフボフ。まだちょっとテンション高め。